LESSONSレッスン


より良い演奏のためには、楽しみながらも厳しい姿勢での積み重ねが必要です。
今、一番必要なことを一緒に考え、個性を尊重したレッスンを心がけています。
音楽に親しむことで日々の生活に張りを持ちたい人から将来はプロのミュージシャンとして活動したいという人まで広く対応しています。

どうぞ、お気軽にご連絡ください。

また、タイムファイブ主宰のハーモニースクエア ジャズコーラススクールでも教えています。

ピアノ

★レベルと希望にあったレッスンです★

  • ピアノは弾けるけれど、将来はコードが読めて、さらにポピュラー音楽が演奏できるようになりたい
  • 自分で簡単なアレンジも楽しみながら、演奏できるようになりたい
  • コードワーク、さらにはジャズ理論を勉強して、簡単なインプロヴィゼーションができるようになりたい
  • ジャズピアニストになるために必要な基礎の勉強をしたい
  • ジャムセッションで演奏できるようになりたい
  • 昔弾いていた頃を思い出して、もう一度ピアノに親しみたい

使用している参考資料

  • A GUIDE TO JAZZ IMPROVISATION By JHON LAPORTA
  • BLUES IMPROVISATION By JEFF HARRINGTON
  • KEY JAZZ RHYTHMS  By FRED LIPSIUS
  • やさしく弾ける大人のためのジャズ・ピアノコレクション ヤマハ etc・・

ヴォーカル

★それぞれの個性をいかしたレッスンです★

  • ヴォイストレーニング

    ナチュラルな自分自身の声で歌えるようになるために必要な呼吸法、発声法。

    ~大切なポイント~

    • 正しい音程で歌う
    • 長いフレーズを、ビブラートのない声で歌う
    • 地声からうら声(ファルセット)へのかわり目をスムーズに歌う
    • 共鳴する美しい響きを持つ声と、パワーのある声を作る
    クラシックの発声を、ポピュラーやジャズを歌えるように変えていきたいというご要望にもお応えします。
  • ソルフェージュ

    楽譜の読み方を学びながら、正しい音程をとる訓練。
  • スキャット

    過去にレコーディングされたスキャットを歌う。
    さらに、自分自身のインプロヴィゼーションを試みる。
  • 発音

    歌に必要な英語の発音トレーニング。
  • レパートリー

    Jazz, Pops, Bossa Nova などのナンバーを歌う。

使用している参考資料

  • VOCAL IMPROVISATION By MICHELE WEIR
  • BLUES SCATITUDES By BOB STOLOFF
  • SCAT! By BOB STOLOFF etc・・・・

基礎理論・ジャズ理論

★理論を勉強して、演奏に役立てたい・・・★

  • ミュージシャンとして必要な基礎力をつける。
  • Jazz Harmony を理解するための理論を学ぶ。

過去の生徒によるライブステージ

ピアノトリオなどで、日頃の練習成果を発揮するライブステージを定期的に行なっています。

Sunday Afternoon Live Vol.1  2004年 9月5日 at Miles Cafe 〜
Sunday Afternoon Live Vol.9  2015年6月30日 at Organ Jazz 倶楽部